アルピーヌ A110のコンプリートカーを製作中!

TEZZO CARS / ニュース / 製品・開発物語
2021.02.02

TEZZOがアルピーヌ A110のコンプリートカーを製作していて、マフラーはノーマルモードのときにイイ音がして、車検対応で、音量を抑えているけど音質がいい、という仕様となっています。バルブの切り替えではなく、内部構造を工夫することでイイ音を実現しています。

現在開発中の車高調サスペンションは、TEZZOが得意とするLXYで、とろピシセッティングとなっています。DTTも、近々にリリース予定です。

ペダルとフットレストは、ノンスリップ性能が強化されたアルミ製で、ホールのサイズが大きいので雨の日に靴が濡れてしまっていてもしっかりとした食い付きで安全運転をサポートしてくれます。フロアマットとトランクマットにおいても、ペダルおよびフットレストと同じようにカラーコーディネートを楽しめます。

A110は純正状態ではナビが無いので、TEZZOのコンプリートカーは、もともとあるネジを活用して装着することを考慮しつつ、凝った形状のステーを用意し、ナビを取り付けています。アルマイトのフレームも、フェラーリっぽくてカッコイイです。

内装は、TEZZOのバレルンガでさらにカスタムしていくので、今後の展開にご注目ください。

文&撮影:高桑秀典