こだわったのは、4本出しが奏でる最高のスポーツサウンド!

TEZZO CARS / 製品・開発物語
2020.06.02

アルファロメオ4C用としては国内初となる新規制車検対応マフラー(加速騒音試験をパス)が完成し、TEZZOからリリースされました。

4重奏(カルテット)が奏でる最高のスポーツサウンドは、厚みがあり、美しい音質。スポーツエグゾーストシステムのアイドリング時の爆音を好まない方や、アクセルを踏み込んだ時はジェット機のようで、それでいて調律された音質を求める人に最適な新規制車検対応マフラーです。

TEZZOでは、2015年にアルファロメオ 4Cのデモカーを初めて導入しました。このときは【4C LXY-S(ラグジュアリー-スポーツ)開発プロジェクト】と題し、TEZZOコンプリートカーの開発をスタート。開発テーマとして掲げたのが、“普段のライフスタイルにスポーツカーを”というコンセプトで、4Cのように燃費がよく、2ペダルで気軽に乗れて、コンパクトで乗り回しやすいクルマを週末だけサーキットやワインディングで走り、平日はガレージで眠らせておくのではモッタイナイ・・・と考えたわけです。

別の言葉で分かりやすく説明すると、TEZZOではアルファロメオ4Cを普段も楽しめるスポーツカーにすることを考えました。しかし、それを実現するためには複数の難題をクリアする必要がありました。そのひとつが、アルファロメオ4Cが持つ「雑味の混じった排気音」=爆音 です。

アルファロメオ4C(特にスポーツエグゾーストシステム)の排気音は音量が非常に大きく、またノーマルタイプのマフラーにおいても内部構造の特徴により、排気時に発生する金属的なサウンド(騒音でも正解)とも相まって、集合住宅での車庫入れや市街地走行をする機会が多いユーザーから寄せられる不満の声も少なくありませんでした。

それらの問題を改善し、TEZZOが常日頃から追い求めるフェラーリのようなラグジュアリー&スポーティな音質や空間、そして外観の品質を向上させるという方向で新規制車検対応マフラーを開発しました。

4本出しが奏でる最高のスポーツサウンドをお楽しみください。

———————————————————————————————-

アルファロメオ4C クアトロlxy-sマフラー(新規制車検対応)by TEZZO

販売価格: 330,000円(税込)

※オプションにより価格が変わる場合もあります。

文&写真:高桑秀典