アルファロメオ4C用のハードパーツが充実!

TEZZO CARS / サービスファクトリー / 製品・開発物語
2023.06.23

アフォーダブル(=手頃)なスーパーカー。デビュー時にそのように謳われたアルファロメオ4Cは、カーボン製の軽量ボディや専用設計のシャシーを有し、スーパーカーというよりもレーシングカー的な乗り味を楽しめるクルマとして、いまなお数多くのファンを獲得しています。

コンプリートカーのアルファロメオ TEZZO 4C LXYを製作しつつ、各種パーツの開発、販売を手がけているTEZZOでは、さまざまなアイテムをリリースしており、今回は4Cオーナー注目の製品をピックアップしてみました。

まず紹介するのは、TEZZOカーボンエアインテークシステム(アルミVer)アルファロメオ4Cです。

TEZZOカーボンエアインテークシステム(アルミVer)アルファロメオ4C
販売価格:105,600円(税込)

当製品はアルファロメオ4C専用設計のスペシャルパッケージで、アルミダクトVer.です。アルミダクトは保温性に優れており、吸気の際に空気を温めることなく、エンジンの燃焼効率を高めることができます。

センターインテーク構造採用により実現した出力とエンジンレスポンスの大幅な向上、燃費の改善、心地よい吸気サウンド、優れたレイアウトによる効果的な充填効率の保持、楽々メンテナンスで半永久的に使用可能である点も特徴です。

続いて紹介するのは、アルファロメオ4C クアトロlxy-sマフラー(新規制車検対応)by TEZZO。

アルファロメオ4C クアトロlxy-sマフラー(新規制車検対応)by TEZZO
販売価格:330,000円(税込)

こちらは国内初のアルファロメオ4C新規制車検対応マフラーで、4重奏(カルテット)が奏でる、厚みがある美しい音質の4C専用マフラーです。

スポーツエグゾーストシステムのアイドリング時の爆音を好まないオーナーや、アクセルを踏み込んだときにジェット機のような調律された音質を求めるユーザーに最適だといえます。

左右4本出し形状を採用しており、この仕様によって排気音に厚みを出し、消音性能を保ったまま迫力のあるサウンドを演出することに成功しています。管楽器の演奏が2重奏よりも4重奏のほうが音質に深みが出るように、マフラーエンドを増設することにより、心地よいTEZZOサウンドを生み出しています。

〜スペック〜

車種名:アルファロメオ4C
形式:ABA-96018
エンジン型式:960A1
主要素材:SUS304/高品質ステンレス材

次に紹介するのは、TEZZO車高調キット for アルファロメオ4Cです。

TEZZO車高調キット for アルファロメオ4C
販売価格: 539,000円(税込)

ノーマルの4Cは、その足まわりの特性から弾性の強いゴムのように車体がハネてしまう挙動を持っていますが、それをTEZZOでは修正し、ダンパーに荷重を正確に受け止める特性を与えたことで、車体のロールを抑えつつもしっとりした乗り心地を実現しています。

この特性は、一般道だけでなくワイディングなどで4Cを走らせる際にも上質感と圧倒的な安心感をドライバーに与えてくれます。また、サーキットを走ったときも、車体にノーマルサス装着時のような小刻みな跳ねが伝わらないので、気持ちよくアクセルを踏み込むことができます。

限界走行をした際にノーマルの4Cは急激にテールブレイクをしてしまいオーバーステアになりますが、この挙動も改善されています。

一流の開発ドライバーとエンジニアによる幾度にも及ぶ一般道、高速道、サーキットでのテストランにより各部を改善し、製品化に至っており、ストリート〜ワインディングを気持ちよく走ることができるストリートバージョンの「ストリートスポーツ」と、サーキットでのタイムアタックを狙う「ドライビングレッスン」の2バージョンが設定されています。アルファロメオ4Cを使うシーンによって、好みの仕様の車高調を選んでください。

〜スペック〜

・高性能単筒式ダンパーガス封入式
・高張力引抜き鋼管を使用
・温度変化による粘度変化性の少ない高品質ダンパーフルードを使用
・高密閉精度なモールドピストンを使用
・過渡特製に優れるピストン
・リアには、高剛性倒立タイプを採用
・20段階減衰力調整

最後に紹介するのは、DTT ECUチューン(Digi-Tec by TEZZO)for アルファロメオ4C。

DTT ECUチューン(Digi-Tec by TEZZO)for アルファロメオ4C
販売価格: 253,000円(税込)

Digi-Tecはドイツを拠点に絶大な信頼と実績を誇る世界でも有数なECUチューナーですが、そのメインの開発拠点はドイツであり、道路環境が大きく異なる日本やアジアにおいては、地域性を考慮したきめ細かいチューンが望まれます。

安全性を確認した上で、標準のDigi-Tecチューンよりも、さらに約10%のトルク&パワーアップを実現し、強い加速や気持ちの良いスポーツフィール、日本とヨーロッパの道路環境の違いから生じるヨーロッパ車の違和感の解消やサーキットでのタイム短縮を目指しました。

DTTがECUをモディファイする際に使用するプログラム領域の各種パラメーター は、競合他社が変更できるパラメーターよりも圧倒的に多く、純正ECUの持つ各種センサーのワーニングや学習機能を変更することなく、プログラムを奥深くまで効率的に書き換えることが可能です。

それゆえ状況に応じた個別対応が可能となるため、扱いやすく、確実性と安全性を高く保ったまま、最大効果を発揮するエンジンセッティングが可能となります。そして、よりきめ細かくセッティングをつめることで、走りと経済性と安全性の高度なバランスを実現しています。

DTTが提供する「ECUソフトウェア」はTUV(トゥフ、ドイツ技術検査協会)DIN ISO EN 9001:2000 の厳しい検査基準に合格しています。一般的にプログラミング変更によってノーマル状態に比べて強大なパワーやトルクを手に入れることができますが、TUVの認証はクルマを超高速で安全に走らせるための保証書のようなもので、エンジンだけでなくミッションやデフなどに対しても厳密に耐用年数の保持を義務づけます。つまり、DTTには世界でも極めて厳しいTUVの工業製品に対する信頼性のお墨付きが与えられているわけです。

ECUチューンは確実にパワーアップしますが、人間の身体は慣れてしまうとそれが当たり前になってしまい、パワーアップが感じられなくなることもあります。TEZZOでは確実性を確保するためにチューニング施工後、専門知識を有したスタッフがチェック走行を行い、確認作業をします(当社ショールームT.BASEおよびプロショップ受付に限ります)。

車種ごとの専用設計となっているDTT ECUスポーツチューンは、加速時には燃料の増量により加速力を強め、定速走行では標準よりももっと理論空燃費に近づけることで燃料を節約するセッティングになっています。

文:高桑秀典