ジュリア/ステルヴィオ クアドリフォリオのエキゾースト切替バルブをリモコンで任意に操作!

ニュース / 製品・開発物語
2020.01.23

アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオとステルヴィオ クアドリフォリオは、ALFA DNAドライブモードシステム(Dynamic/Natural/Advanced Efficiency)の他にRaceモードを備えており、このRaceモードを選択するとサーキット走行向けにマフラーのバイパスバルブ(4本のエキゾースト)がオープン=オーバーブースト機能が有効になり、エキゾーストノートがよりレーシーになります。しかし、Raceモードにするとスタビリティ・コントロールやトラクション・コントロールが作動しなくなるため、街乗りでRaceモードを選択するのは走行安全性の面からオススメできません。

そこでTEZZOでは、ジュリア クアドリフォリオ純正マフラーおよびステルヴィオ クアドリフォリオ純正マフラーのエキゾースト切替バルブをリモコンで任意に操作できる『TEZZO BASE マフラーバルブ可変リモコンキット施工 for アルファロメオ・ジュリア クアドリフォリオ』および『TEZZO BASE マフラーバルブ可変リモコンキット施工 for アルファロメオ・ステルヴィオ クアドリフォリオ』をユーザーに提案しています(キットには取扱説明書が同梱されていますが、TEZZO BASE RACE & SERVICEでの施工を推奨しています)。

Raceモードにすることなくエキゾースト切替バルブを開けることができるため、電子制御を解除することなくV6エンジンの豪快な排気音をフルに味わえるようになります。また、バルブが閉じている状態がデフォルト(エンジン始動時)となるため、朝晩や閑静な住宅地を通過する際および奥様が乗るときは静かに走ることが可能となります。

排気音が大きいクルマで朝晩にエンジンを始動したことがある方は経験済みだと思いますが、家族も含め、周囲の皆さんに本当に申し訳ない気持ちになります。今回、朝晩を含め、いろんなシチュエーションで実際に走ってみましたが、TPOに応じてレーシーなエキゾーストノートを楽しめるので、このアイテムはオススメだと思いました。

文:高桑秀典