T.BASEレーシングサービスを展開

イベント / オーナー / ファクトリー
2017.08.24

アマチュアレーサーがいざサーキットを走ってみたいと思ったとしても、何をどうすればいいのか分からないというのが実情だと思います。

そこで、日本におけるモータースポーツ文化の普及とアマチュアレーサー人口の拡大を目指しているT.BASEレーシングサービスでは、関連会社の(株)スポーツドライビングジャパンとコラボして太田哲也校長によるレクチャーとレースメカニックによるサポートを受けながらサーキットを走れるプログラムを展開しています。

去る8月13日に関連会社の(株)スポーツドライビングジャパンとの共催で実施した少人数レッスンにおいても、受講者は太田校長の講義(アドバイス)で走りのイロハを知り、走行当日の愛車の管理/セッティングをレースメカニックに任せることができました。つまり、出走前点検などから解放されたオーナーは、ドライビングに集中することができたわけです。

こういうプロによる贅沢かつ万全のサポートプログラムがないとモータースポーツ文化が発展しない(広がらない)と思うので、T.BASEレーシングサービスの今後の活動に期待しましょう。お気軽にご相談ください。

文:高桑秀典