TEZZOスポーツマフラー・レジェンドGTA(for 147GTA)インプレッション

ユーザ / 製品
2017.07.25

車の魅力を引き出すためにさまざまなパーツを展開しているTEZZO。施工後、オーナーからパーツについてのインプレッションを多くいただく。今回はアルファロメオ147 GTA向けのTEZZOスポーツマフラー・レジェンドGTA(for 147GTA)のインプレッションが届いた。

アルファロメオ147 GTAオーナーのK様。新車購入から時間が経ち、経年劣化が進んだ純正マフラーを今回
TEZZOスポーツマフラー・レジェンドGTA(for 147GTA)
に交換した。いただいたインプレッションは以下。

予想以上の野太い重低音にビックリいたしました。高音を重視したマフラーが多い中で、ここまで重低音が響き渡るマフラーは他に無いでしょう。
国産チュー二ングカーにも負けないぐらいの迫力なサウンドです。エンジン回転もスムーズに回るようになり、全体的に、特に低速トルクが太くなり乗りやすくなりました。見た目もよくある二本出しではなく、砲弾型サイレンサーにシングル出しは迫力満点!大満足なマフラーです。

V6 3.2lエンジンを搭載したアルファロメオ147 GTA。排圧が高く、本来のエンジン音量も大きい。純正マフラーは仕切り板を内蔵して消音効果を高めるために、サイレンサーが大型化する。そのため排気干渉が多くなり特に高回転での吹け上がりが弱くなってしまう感は否めなかった。

TEZZOスポーツマフラー・レジェンドGTA(for 147GTA)ではこれらを改善するために、排気衝突をできるだけ避けるため、サイレンサー内部に仕切り板を設けずストレートパイプを内蔵。パンチング周囲にはスチールウールとグラスウールを手作業でぎっちりと詰め込み、消音効果を増大させた。あわせて60パイのS字型パイプを延長してバンパー下までつなぎ、70パイのアウターパイプへと接続して、パイプ長を稼いでパイプ径を太くすることで「抜け」の良さを見めでも強調した。

これらの工夫によって、いただいたインプレッションのとおり、アイドリング領域や低回転では抑制の効いた重低音、中回転では耳障りのよい気持ちのよさ、そして一気にスロットルを踏み込むとクォーンという目の覚める快音を実現した。