アルファロメオ4Cラジアルタイヤ最速プロジェクト

チャレンジ / ファクトリー / 製品
2017.05.09

アルファロメオ4C

カスタムやチューニングで車の新しい価値を提案するTEZZO BASE service factory(T.BASE)。アルファロメオ4Cをベースにしたコンプリートカー「アルファロメオTEZZO 4C」を使って、ラジアルタイヤ最速プロジェクトを進めている。

【アルファロメオ4Cラジアルタイヤ最速プロジェクト⑤】4/28袖ヶ浦サーキットテスト(T.BASEブログ)

こんにちは!T.BASEメカニックの遠藤です。
「アルファロメオ4Cラジアルタイヤ日本一」のプロジェクトを掲げ、さまざまなテストに取り組んでいるアルファロメオTEZZO 4C。4/28(水)には、袖ヶ浦フォレストレースウェイでサーキットテストを行いました。

ドライバーは郷田選手が務めます。

使用しているタイヤは「ブリヂストン POTENZA RE-71R」、ホイールは「プロドライブTEZZO仕様鍛造アルミホイール GC-012L for アルファロメオ4C」です。

前回から、ダンパーの仕様変更を行い、縮み側の減衰を強めて、よりサーキット走行向けにセッティングしました。

仕様変更されたダンパーの具合を見ながら、減衰力の調整を行ないます。
ちなみに、フルハードでは跳ねてしまったので、少しずつ緩める方向へセッティングしていきます。

走行ごとにドライバーのフィーリングに合わせ調整し、ベストなポジションを探し出します。

減衰のポジションが決まったら、リアのスタビライザーを少し弱めました。

ドライバーによると、ノーマル状態で顕著に現れていた急激なオーバーステアが消え、非常にコントロールしやすくなっているそうです。

袖ヶ浦フォレストレースウェイを、使い古したタイヤでコンスタントに1分16秒台で周回できるようになったところで今回のテストは終了。足まわりはかなり煮詰まってきたので、後は足まわりの細かいセッティングをしていく予定です。

今後も、アルファロメオTEZZO 4Cの更なるタイムアップにご期待下さい!

アルファロメオ4Cのチューニングに関するお問合せや、
在庫情報・作業予約などお気軽に神奈川県横浜市のT.BASEサービスファクトリーまでお問合せ下さい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
T.BASE(TEZZOのショールーム&サービスファクトリー)
T.BASE Service Factory
〒224-0006 神奈川県横浜市都筑区荏田東 2-9-1
Tel:045-948-5535 Fax:045-948-5536
営業時間:10:00~19:00【木~月曜日】
12:00~19:00【水曜日】
定休日:火曜日
URL:http://www.tezzobase.jp/
E-Mail:info@tezzobase.jp
facebook:https://www.facebook.com/pages/TEZZO-BASE/263102577134803
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■