サーキットで学ぶスポーツドライビングレッスン開催レポート2017年3月4日

イベント
2017.03.23

安全・マナーをサーキットで学ぶ

TEZZOが協力する株式会社スポーツドライビングジャパン。同社では一般道での車による死亡・負傷事故をゼロにすることを目標に、安全運転と交通マナーを学べる「太田哲也スポーツドライビングスクール」を関東圏のサーキットで定期的に開催してきた。

車を楽しむ。そこからさらにもう一歩前に進んで、安全やマナーを学ぶことで、新しい車の魅力に気づくだろう。

2017年3月4日には千葉県・袖ヶ浦フォレストレースウェイで「injured ZEROプロジェクト Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON」が開催された。
今回はそのレポートが公開されたので紹介しよう。

▽2017年3月4日『 injured ZEROプロジェクト Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON 』(太田哲也スポーツドライビングスクール)

日時:2017年3月4日(土)
場所:袖ヶ浦フォレストレースウェイ
主催:(株)スポーツドライビングジャパン内Tetsuya OTAスポーツドライビングスクール事務局
協力:TEZZO、伊藤園他

 

2017年3月4日(土)に、幾多のトップカテゴリー・レースで活躍したレーシングドライバーとして知られ、自動車評論家でもある太田哲也氏を校長とする『injured ZEROプロジェクト Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON』を開催しました。会場となったのは「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」。都心から約1時間で行くことができるサーキットです。

当スポーツドライビングスクールは、国土交通省安全運転推進事業の「injured ZERO」プロジェクトの一環として開催するイベント。国土交通省からは平成28年度安全運転推進事業としても位置づけられています。

「安全運転を、楽しく学ぶ」をテーマに、一般道における死亡・負傷事故をゼロとすることを目標としています。クルマの運転がうまくなれば安全につながる、という基本理念のもとで、座学と実践で安全運転と交通マナーを楽しく学べるメニューを提供しています。

交通事故を減らすためには、クルマの自動運転化や道路の改善などのアクティブセーフティおよびパッシブセーフティを高める方向性だけでなく、運転者である「人」の教育や意識改革も欠かすことができないという考え方です。

スクールのクラス分けは、ベーシックレッスンクラスとアドバンスレッスンクラスの2つ。ベーシックレッスンはヘルメットを被らなくてもOKという、サーキット入門者を対象としたクラス。アドバンスレッスンはフリー走行も楽しめる上級者向けのクラスでした。

当日、最初のプログラムは、走行前点検講座で、この後参加者受付開始です。

 

ドライバーズミーティング&座学では、まず齋藤講師による袖ヶ浦の安全な攻略法について講義がありました。また、太田校長からも事故を起こさないための措置として、当スクール特有のコース設定の説明がありました。

その後、太田校長の講義では、サーキットを走る上での「マナー」の話が中心となって行われました。今回は、事前学習でeラーニングを試験導入したとあって、基本講義を事前に勉強したうえで、当日の講義を受けるという内容を取り入れています。

 

ガイドクルーズ講習では、袖ヶ浦フォレストレースウェイのコースを実際に走行しながら、参加者は講師による解説や質疑応答を通して安全な走り方を学びました。

 

 

ベーシックレッスンクラスを受講した参加者たちは、斎藤講師からスラローム走行レッスン(参加者が愛車で荷重移動の体験)に関する説明やアドバイスを受け、パイロンが並べられたパドック特設コースを走行しました。その後は先導車付きでの本コース走行です。

 

 

アドバンスレッスンクラスは、先導車に続くかたちで本コースを慣熟走行した後、午前中の座学で習った荷重移動や旋回ブレーキのことなどを意識しながらフリー走行を行いました。走行後は、講師によるアドバイスタイムとなりました。

 

レッスンを修了した参加者に修了証が渡され、講師陣からの総評と山路スピリット(サーキットでも一般道でも、走っているすべての人をリスペクトする)に関する説明がありました。今回も参加者は安全運転とドライビング技術の大切さについて身をもって学ぶことができました。

 

 

ベーシックレッスン個人レッスンには、ご一家で参加されたファミリーがいらっしゃいました。AT免許を解除したばかりだというS2000でご参加の娘さんは、辛口評価の齋藤講師がはじめて「5点」をつけるなど、みるみるうちに荷重移動とスラロームを習得して、成長されていました。

 

併催イベントとしてアルファロメオ4Cクラブジャパン発足を記念して、アルファロメオ4C特別レッスンも開催。世界的工業デザイナー奥山清行さんも参加されました。「講師が横について荷重移動のレッスンをしてもらい、アルファ4Cならではの運転の仕方がわかりました」と参加者にも好評でした。