TEZZO 4C RT1がアルチャレ 2018 東北シリーズ/MR300クラスのチャンピオンを獲得

TEZZO CARS / イベント・オーナー / チャレンジプロジェクト / ニュース
2018.12.07

アルファロメオ TEZZO 4C RT1がAlfa Romeo Challanege 2018 東北シリーズ/MR300クラスのチャンピオンになり、来たる12月24日(月・祝)に富士スピードウェイで開催される全国統一戦の出場権を獲得しました。ご声援、ありがとうございました。

アルファロメオ TEZZO 4C RT1(ラジアルタイヤ最速プロジェクト)では、ただ単に速さを追求するのではなく、サーキットという場で4Cの素性を見極め、パーツを開発し、一般道での安全な走行につなげています。これから4Cをモディファイしようと思っているオーナーは、まず、安心して走れるようにするといいでしょう。具体的には、POTENZA RE-71Rへのタイヤ変更やブレーキパッドの変更といったメニューになります。

TEZZOでは『TEZZO CARS コンプリートカー tuned by TEZZO』にて4Cのコンプリートカーも販売しています。アマチュアながらも頻繁にサーキット走行を楽しみたい方や、自分でコツコツ仕上げるのは大変なので最初から安心してアクセルを踏める実績のある4Cが欲しい方は、アルファロメオ TEZZO 4C RT1(ラジアルタイヤ最速プロジェクト)の今後にご注目ください。

文:高桑秀典